老後のための投資を|王様気分で大家さん|マンション管理会社で楽々経営

王様気分で大家さん|マンション管理会社で楽々経営

老後のための投資を

集合住宅

個人年金のように使える

家賃収入を目的としたマンション投資は個人年金のように利用することができます。入居者が入ってくれることで、毎月そこから家賃収入を得ることができるためです。近年の政府の年金不信から個人年金を目的としたマンション投資が増加しています。その場合の特徴にはまず新築マンションによる投資が多いです。中古マンションでも投資することは可能ですが、マンションの寿命は約60年ほどだと言われています。築年数が長いマンションになるとそれだけ利用年数が減ってくることになります。それでは個人年金として利用できません。そのため、個人年金でマンション投資するときは、新築もしくは中古であっても築年数が若いものを利用することがほとんどとなります。

マンションの管理

もしも老後を考えてのマンション投資を考えているならば、一つ不安を抱いてしまう人も少なくありません。購入した物件の管理です。マンションも数十年と経っていれば、何かしらの不具合を生じるためメンテナンスが必要です。老後になっても何かと手間をかかってしまうのならば、投資に躊躇されるかもしれません。しかし、多くのマンションでは、管理をマンション管理会社に任せていることがほとんどです。つまり、マンション投資しても管理に手を出す必要はありません。一応、マンションを購入するときは、マンション管理会社に入っているのか、どのような実績があるのかをチェックしてから決めるのも悪くはありません。その一手間が、老後を健やかに過ごすために足がかりになるわけです。